自分でできる足メンテナンス

簡単足裏マッサージ! 外反母趾など足のトラブルでお悩みの方にも!

こんにちは  スタッフの伊藤です(^▽^)/


ゴールデンウィークも終わり、日常の生活が戻ってきましたね
皆様、楽しい連休を過ごされましたか?


観光などでたくさん歩かれた方もいらっしゃると思いますが、
足が疲れて大変だったという方、必見です!


ちょっとした時間に足裏マッサージが出来たら、嬉しいですよね
そこで伊藤がおススメするのが・・・

ゴルフボール足裏コロコロマッサージ!!

方法は簡単です

椅子などに座っている時に、ゴルフボールを踏みつつコロコロ転がすだけなんです


足指の付け根や、土踏まず、気持ちいいなぁと感じるところで大丈夫です!
何とも言えない痛気持ちいい感覚があると思いますが、足裏マッサージをされている時の
感覚と思っていただけると分かりやすいですか?


勤務休憩時やくつろぎの時間に是非


外反母趾の方は、ゴルフボールを足指全体を使って、持ち上げては落とす…を
繰り返してみてください
タオルギャザー(タオルを足指を使って手繰り寄せる事)も同じですが、
足指をしっかりと使うことに意義があるんですね~


実は、私の母も外反母趾で悩んでいる1人なんです
そんな母は気付いた時や、足が疲れた時にやっているんですよ
気持ちよくていいわ~と楽しみながらコロコロしていますよ


是非、皆様もやってみてくださいね



アルポでは、足裏マッサージも行っております☆
お気軽にお問合せください☆彡

足首の前後運動で浮腫み解消できるの?マッサージより効果的な運動方法

こんにちは  スタッフの伊藤です(^▽^)/

皆さん、足の浮腫みは辛いですよね?
夕方足がパンパンになったり、足が疲れたり・・・
本当に悩みは尽きないものですよね

今は浮腫み解消グッズやマッサージなどたくさんありますが
今日は、浮腫み解消の運動をお伝え出来ればと思っています

ふくらはぎは、第2の心臓のポンプ と言われているのはご存知ですか?
ふくらはぎの筋肉の収縮によって、末梢までの血流が良くなり、血液を心臓に送り戻す力が高まるんですね

血液の循環が良くなれば、浮腫みはもちろんの事、冷えの解消にも繋がりますよ

じゃあ何をしたら良いの?というと・・・


ふくらはぎの筋肉を動かせば良いんです☆

その方法としておススメなのが、足首の前後運動!!
足首の前後運動って???

ふくらはぎを触りながら、足首を前後に倒してみてください
ふくらはぎが動きませんか?
そう!足首を動かすと同時にふくらはぎが動くんですよ

なら!足首を動かそう!!っていう話です

やり方は簡単!(^^)!
・ 膝を伸ばして、足の親指同士を軽くくっつけたまま足首を自分から遠くに倒す~近くに倒す
つま先が遠くなる~近くなる~というイメージ

( 親指が離れてしまう場合には、ゴムなどを使って優しく括っても良いですね )

↑↑↑ 指先だけが動くのではなく、足首から足先まで全部一緒に動かす意識が大切です
2秒位掛けて一方向にゆっくり~じんわり~しっかり~倒します   呼吸も忘れずに!!

朝・昼・寝る前と3回、1回3分程度やってみましょう♪
寝る前は、クッションに足を乗せて、少し高くするのがおススメ☆
重力の作用を利用して、血液循環が良くなり、効果upが期待できますよ

朝と寝る前は、お布団の中で寝たまま!
昼は椅子に浅めに腰掛けて、膝を伸ばし行ってみてくださいね


歯磨きの時に、つま先立ちになるのもおススメです
足指関節から、足指全体を使ってつま先立ちをします

足指を反らす動きも、血流が良くなります!
時間を効果的・有効的に利用したいですね(^_-)-☆



やってみたいけど、もう少し詳しく知りたいなぁと思った方
是非ALPOまでご連絡ください

トータルフットケアサポートのALPOでは、足のトラブルに応じて、靴や靴下の販売はもちろん
(靴に関してはこちらへ http://alpo-benesu.com/10088558/健康靴ベネシュとは?/)
歩行指導や足裏マッサージなど、お客様の足のお悩み解決に寄り添った方法を提供しています☆


ではでは、今回のお話はここまで・・・☆彡

足への負担はどのくらい?

普段何気なく立って、

普段何気なく歩いて、

普段何気なく座って・・・

足への負担について考える機会はあまり多くないかと思います。

足は体を支え、移動するための大切な器官ですが、
そのケアは何かと疎かになりがりです。

足1?あたりにかかる力は0.5kgといわれてます。
足の大きさは皆違うので負担も違うと思いますが、
歩行時にはご自身の体重以上の圧力がかかるのです。


さらにヒールが2.5センチ高くなるごとにつま先側の足への負担は25%増加するといわれています・・

数値で見ても足への負担は大きいことがおわかりいただけると思います。
何気なく履いたパンプス、ハイヒールなどは足へ影響します。

「え?そんなことで足って変形しちゃうの?」という声をよく耳にしますが、

変形を招いても不思議ではないですよね。

靴底の削れが凶器に?!

こんにちは

アルポ店長です

ヾ(@°▽°@)ノ

皆さんはどういとき靴の買い替えを検討されますか?

今までのデザインに飽きて、新しいデザインの靴が欲しいときでしょうか?

季節の変わり目で、その季節に合わせて衣替えするタイミングでしょうか

靴が痛んで、汚くなったなぁと思ったタイミングでしょうか?


いろいろあるかとは思いますが、
足の健康を考えるのであればあし

1、靴底(ソール)部分の削れが著しいとき

2、かかとが折れたり、潰れてしまっている状態のもの









こういう状況の靴はまず買い替えたほうがよろしいかと思います。

意外に見る機会の少ない靴の底ですが、ほおっておくと斜めに削れていたりするものです。

土台が斜めになっている建物同様、足の一番底辺であるソール部分が削れて傾いていると足首から上にある、膝、腰、肩、首などの関節も歪み崩れていきます。
まだ側は綺麗で履けるからといって履き続けては、
大切な足だけでなく、関節も痛める結果になってしまいますので要注意です!
今お履きの靴底は大丈夫ですか?