タコ・ウオノメ・角質

足のタコや魚の目~原因とケア~再発しないための健康靴BENESU

こんにちは!
スタッフの嶋宮です
記録的な雨が落ち着いて、仙台は晴れの日が続くようになりましたね
晴れの日は洗濯物が早く乾いて気持ちが良いです

さて今回は足のタコ・魚の目のお話をさせていただきたいと思います!
皆様は足にタコまたは魚の目ができていませんか?
タコというのは皮膚が厚くなり、硬くなった状態です
少し黄色味がかって盛り上がっているのが特徴ですね
タコは痛みがないので放置しがちですが、そのままにしておくと痛みが伴う「魚の目」になってしまう可能性があります!
魚の目は真ん中に硬い芯ができ、芯が皮膚の深くまで伸びてしまって神経を刺激するので痛みを伴います
このタコと魚の目に悩まされている方は少なくありません

当店と併設されている「仙台巻き爪矯正院」はフットケア専用機器により、タコ・魚の目ケアも行っております^^
まわりの軟らかい皮膚を傷つけることなく、肥厚した部分のみを除去できますので安心してお任せください!
痛みもなく、約1回で魚の目やタコによる痛みを軽減します!



タコ・ウオノメ角質ケアの詳しいメニューはこちら

しかし、タコや魚の目は根本的な原因を改善しないと再発する可能性が高いです
「なぜタコや魚の目ができてしまったのか?」ということを一度考えてみましょう

サイズの合わない靴を履いていないか?
立っている時の姿勢は正しいか?
歩き方は偏っていないか?

…タコや魚の目ができる原因として、同じ場所に刺激や負荷がかかっていることが主にあげられます
「その場所」にできてしまったのには、理由があるのです!
それは足からのサインなので、放置せず向き合ってみませんか?

アルポでは靴の見直しだけでなく、歩き方の指導もしております
ケアして終わり!ではなく「再発しないためにどうしたら良いか?」
スタッフと一緒に考えていきましょう

まずはお気軽にご来店くださいませ

角質できる場所で体の不調がわかる?その2


こんにちは

アルポ店長です!

本日は角質ができる場所でわかっちゃうわかっちゃう体の不調の第二弾



イラストのような位置に角質はできていませんか???

ここ部分にタコ・ウオノメ・硬い角質ができるのは
足の横アーチ(中足骨部分から爪先)が崩れている方に多く見られます。
横のアーチが崩れることで圧力分散がきれいにできず、足裏の負担から角質ができてしまうのです。

実はちょうどこの位置が「甲状腺」の足つぼになっています。
甲状腺はホルモンバランスを整えたりする大切な器官です。
東洋医学的な解釈ですが、
足のこの部分に角質ができると、甲状腺の不調とつながり

【東洋医学的に推測される症状】
・気分のアップダウンが激しい
・意欲が出ない
・太り過ぎてしまう、痩せすぎてしまう
・更年期障害


などの症状がでると言われています。

みなさんの足の裏はどうでしょう?
そして上記の症状でてはいませんか?


角質できる場所で体の不調がわかる?その1

今日はアルポ店長です。

みなさん足に硬い角質はできていませんか?
タコができていたり、
ウオノメが出来ていたり
などなど・・・

できる場所はさまざまですが、
その出来る位置によっては体の不調を読み取ることができたり、
角質のできてしまう原因などもわかります。

下記の図の位置(親指側面あたり)に硬い角質ができていらっしゃる方はいませんか?



ここの部分は頭や頸椎のツボにあたるのですが、

・首こり
・肩こり
・偏頭痛


などの症状が出ていることが多いです。

足への負担は関節への負担に直結します。
たこ魚の目などの角質はそのような負担の合図ですので、
インソール、靴や歩き方の見直しが大切になります。

ウオノメの根っこをとれば大丈夫?

今日は!

アルポ店長です。

よくある質問、実は昨日もお客様からお受けいたしました。

「ウオノメ根っこからとってしまえば治りますか?」

足形の崩れや、靴の影響などで
慢性的にストレスを加えている場所(往々にして足裏や指間)に皮膚が硬くなりできていきます。

ウオノメは確かにタコと違い、
根をもつように真皮側に硬い角質が伸びていきます。

しかし、植物のように「根っこ」があるから、
そこから芽が出て・・・
膨らんで・・・っと
ウオノメになったようにイメージしている方が非常に多いですが違います!笑

誤:根っこ→ウオノメ→痛み

正:慢性的ストレス(荷重)→ウオノメ→痛み

つまりは「根っこ」を取っても再発はするものです、
逆に痛い思いをして根こそぎウオノメを除去しなくても、



足の環境を見直すことで本当の意味で
「根本」からウオノメをなくすことが可能
なのです。

ただどうしても、ウオノメが痛いという場合はもちろん対処療法としての処置も必要になりますね。
仙台巻き爪矯正院でタコ・うおのめケアで対応させていただきます。