ちょっと豆知識

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは?

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは?

こんにちはスタッフの田中です

皆様、普段足の裏に痛みを感じていませんか?朝起きて立ち上がった時、足裏に痛みが走りませんか?

もしかしたら『足底腱膜炎(そくていけんまくえん)』かもしれません

足底腱膜炎とは、足裏の指の付け根からかかとまで膜のように張っている腱組織に炎症が起き、痛みをもたらす病気です



ではどうして発症するのでしょうか?要因はいくつか考えられます

要因① 立ちっぱなし、座りっぱなし

 長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉が固まり発症しやすくなります

要因② 足裏に過度の負荷や強い衝撃を与えている

 足裏に負担がかかる職業やスポーツ選手に多いようです

要因③ 足に合っていない靴を履いている

 大きめの靴やブカブカに履くことで足裏に負荷がかかります

要因④ 偏平足やハイアーチなど足裏アーチの崩れ

 足裏アーチの崩れにより、クッション性能が悪くなり痛みを伴います




足底腱膜炎による痛みをやわらげるには?

・インソール(中敷き)を使用する

 インソールを使用することでクッション性能を高め、足裏への負担を軽減します
 土踏まず部分をサポートし、足裏アーチを整えてくれるインソールが良いでしょう

・足裏をマッサージする

 固まった筋肉をもみほぐすことで痛みを軽減したり、防止する効果があります

・入浴(足湯)をする

 足を温めることで血流が良くなり、固まった筋肉が柔らかくなり、慢性的な炎症を緩和します

・足裏に負荷をかけたり激しい運動を控える

 日常生活で動かないというのは難しいのでしっかりケアすることが重要です




足底腱膜炎により足裏に痛みがあると、思うように動けないもどかしさや、不安などあるかもしれません


ですが、足元からの健康を見直し、ぜひ【健康靴のアルポ・仙台巻き爪矯正院】へご相談ください

足の指先刺激と冷え改善・関係は?足指関節への刺激で冷えのお悩み解消!

こんにちは  スタッフの伊藤です(^▽^)/

さて、今日は冷え対策についてのお話を・・・と思います

自分の足先どうですか?
冷たいですか?温かいですか?


結構、冷えている方が多いかな?と、お客様の足を触っていると感じます
「足が冷えてますね?」 と聞くと、
「そうなの!寝る時も靴下履かないと冷たくて眠れないのよ~」 との返答もたくさん・・・



でも! 
靴下を履いていると、蒸れませんか?
その蒸れた空気が冷えて、余計に冷える・・・という悪循環に繋がる恐れもあるんですよね


では、どうしたら良いのか?


外側から温めるのではなく、内側から温めるんです


やり方は簡単!

・足指の爪の両脇を、手の親指と人差し指で挟むように掴みます
・強めにギュッギュッと揉みます


痛いですよね
でも、この刺激が良いんですよ!


リラックスしながら、片足5分位からやってみてくださいね


足指の先端には、末梢神経があります


刺激を加える →→→ 痛い! →→→?熱が発生 →→→ 汗が出る →→→足先が温まる


というわけなんです


足先の抹消神経と血管は、だいたい同じところを通っていますから、
神経の刺激で
血管の刺激にもなって
血流促進の効果も
一石二鳥


足先だけでなく、下腹部も温まるので
生理痛などの婦人科系に不安がある方にもおススメです!


是非、お試しください


やり方がわからない!もっと詳しく教えて!
という方は、花京院にあるトータルフットケアサポートのアルポまで
お電話ください!
http://alpo-benesu.com/10088558/

ご連絡お待ちしております

浮き指改善ってどうする?テーピング効果の高いBENESU(ベネシュ)靴下が有効!

偏平足・外反母趾・足裏痛などの足のトラブル解消なら花京院の健康靴のアルポにおまかせ♪



こんにちは~アルポスタッフの石井です(⌒▽⌒)


みなさん、浮指ってご存知ですか?


私は、自分は健康がとりえで、足の土踏まずがきちんとあってトラブル知らずだと自負してたんです。

ところがですよ、足裏の型を裸足になって写し取った時に目玉が飛び出ちゃうかと思うほどショックな足形が写し出されていたんです。


足の指が中指から小指まで写ってなかったんです!見事な浮指だったんですね~

しかも、土踏まずが異常にある甲高な足なんです。


背丈の割りに足が大きいのがコンプレックスでしたが、ある時ヒールが高い靴を履くととても足が長く見えることに気付いちゃったんです。

それから足長に見えるというだけで、7センチ以上のヒールのある靴ばかり履いていたんです。

長い時間ハイヒールで歩き続けると指の付け根や足裏ががピリピリと痛み出してましたね~


これは、足裏全体で体重を支えるのではなく、かかととつま先で支えているため痛みが出てしまうのです。

しかも指先は浮いた状態で歩いているんですもの、足裏の筋膜も低下するし土踏まずは緊張しっぱなしだから腱や筋肉もつるわけですよね・・・


ヒールを絶対はいてはダメとは言いません。私も大好きですからね。


足は健康を保つための要でありますから、まずは健康な状態に戻してあげてください!

それから、

TPOでおしゃれ靴を履いてみてはいかがでしょうか?


アルポには、崩れたアーチを矯正する矯正靴だけでなく、崩れたアーチを持ち上げるサポート力のある靴下があるんですよ!

私もその靴下職場で履いて張り切って仕事してますよ♪


何が凄いかって・・・

1日中立ったり座ったりしゃがんだりを繰り返すけど、土踏まずや足先がいたむことが無いんです♪

崩れた足裏のアーチを支えてくれるサポート力があれば良いかというと、それだけでは無いんです。

サポートする位置にもこだわりがあります!

骨格や関節の位置を考慮して、支えなければならない場所にサポート力がある靴下はそう無いんじゃないですかね~

ハイヒールやパンプスが好きなあなた!

年を重ねても美しい歩き方で若々しくを目指すなら、一度アルポにいらして下さいな


浮き指をサポート力のある靴下で改善して疲れにくい足を目指しませんか?
靴下だけでこんなに違うんだと感動してしまいますよ~


ご連絡お待ちしております。

実は多い「浮き指」

もし・・・

「足の指を全く地面につけずに歩いてください」(笑)



そんなこと言われたらみなさんぎこちない歩き方になっちゃいますよね?
後ろから背中を押されたら、踏ん張ることもできなので、

前に・・・あらららと
転んでしまうことでしょう。

想像しやすいことだと思います。
でも足の指がしっかり使えてないということはよくないとお分かり頂けると思うのですが、
知らずのうちにこのような状況になっている方が多いのです。

「浮き指」という状態です。


その名の通り、立っているときに着地しているべき足指が地面から離れて浮いてしまっている状態です。

実はこの浮き指になっている子供さんが非常に増えているんです。
体育の授業、部活などでも転びやすい。集中力が低下したり、意欲低下したりというのも関連してます。

足指は幽霊のように浮いてませんか?




《写真:12歳女子 2,3趾(人差し指、中指)も着地が少なく、4,5趾は全く着地していない》

フットプリントをとるとわかりやすいのですが、
家でもできる簡単な方法は立ったときに真横から、家族の方などに見てもらう。それでも分かりにくい場合は足指の下へ紙をスライドして入れられるかどうかでも判断できます。

ぜひ検査してみてくださいにひひ

靴のただしい履き方2

実は

1、靴べらを使わず、スムーズに足が入り、あとはつま先をとんとんとしている
2、靴べらを使って、靴を履きつま先とんとんする
3、一旦スリッパのように踵をつぶして履く

どれも良くないです。


・靴べらを使わずに靴が履けてしまう
→ 靴ひもが緩すぎる、靴の入り口が広がってしまう
    結果:足首への負担増、足首の変形
・靴を履く度に靴紐をしめていない
 →足が靴の中で遊んでしまう
    結果:足裏への負担や指先の負担増

「靴ひもを毎度縛りなおすのが理想です」とアドバイスさしあげるとお客様からは
漏れなく、「面倒臭い」というご返答をいただきます。(笑)
日本は「畳文化」、つまりは「靴を脱ぎ履きする文化」なのです。
家屋に上がる際に靴を脱ぎ、出かける時には靴を履きと・・・脱ぎ履きが前提になってしまい、
靴も脱ぎ履きしやすいものがいい!という考えになっている方が多いのではないでしょうか。
結果として「歩きやすい」よりも「脱ぎ履きしやすい」を優先してしまってないでしょうか?


靴下のシワを伸ばし、靴の中に異物が入っていないか
確認してから足を入れます。
足を入れたら足裏全体をピッタリつけた状態で、
靴ひも又はマジックベルトを軽く締めます。
靴のかかとを踏んで変形させないように靴べらを使うとベターです。




『トントン』と2~3回かかとをつき、靴のかかと部と
ぴったり合わせます。
靴ひもがある場合は、さらに靴ひもを引っ張り
足首をしっかり固定させます。




かかとをぴったり合わせたら、前かがみになった
状態でつま先を曲げながら靴ひも又はマジックベルト
をしっかり締めます。
※足裏全面を下に付けてしまうと、
足が広がった状態になり、その状態で靴ひも縛っても緩くなってしまいます。
最後に足指を動かせるか確認し、動けばOK!



たかが靴の履き方ですが、
いい靴を履いていても履き方が間違うと足を痛めてしまう結果になります。
正しい靴の履き方は今日からできます!是非やってみてください。

靴のただしい履き方1

よくお客様に
「靴を変えさえすれば足のトラブルなどが改善されるの?」
という質問を受けますが、

1、靴の選び方(靴自体)
2、靴の履き方
3、歩き方


三拍子が揃ってはじめて改善することができます。
(この時点で面倒臭い!って思ってしまわないように笑)

いくら良い靴をもっていても宝の持ち腐れになってしまいますし、
履き方を間違えると靴も悪くなってしまいますし、
結果歩き方も崩れてしまいますもんね。

ぜひ皆さんに見直していただきたいの
2、靴の履き方 です。

この点はお金もかからないので、やり方次第で改善できるところですから。

まず、ご自身の靴を履く際どのようにしているか思い浮かべてください。

1、靴べらを使わず、スムーズに足が入り、あとはつま先をとんとんとしている
2、靴べらを使って、靴を履きつま先とんとんする
3、一旦スリッパのように踵をつぶして履く
   などなど・・・・

どれに近いでしょうか?   
実際いらっしゃるお客さんも99%はこの3つのどれかに属してます。

実は・・・・
  
             次回に続く

体温と免疫

仙台は雨が降ったり、風が強くなったり、そして寒さも復活!雪が降ったり・・・
天候的には散々な日々が続いてますね。雨雪
うちスタッフの一人も風邪でダウン・・・ここ何日か休んでいます。

体温は1度下がるとどのくらい免疫力が低下すると思いますか?




実は30%とも低下すると言われています!

このような寒い日が続くと体の末端が冷えやすくなりますよね?
そう、つまり「足」から冷えてきます。
オフィスでお仕事している方や、ヒールの高い靴で歩き回って仕事をしている方など、
「冷えてつらい・・・」「もともと冷え性で・・・」などお悩みはありませんか。
頭寒足熱という言葉がありますが、足元はしっかり温めて体温を上げ、免疫力を高めることで風邪を吹き飛ばしましょう!

解決方法で手っ取り早く、お金がかからないのは、
「足湯」です。

寝る前の15-20分くらいの足湯を、
騙されたと思って続けてみてください!(騙してないですよ笑)
ぐっすり眠れますし、血流もよくなりますので、足のむくみの改善にもつながります。
忙しい方はドライヤーで温めるというのも効果的ですよ。