こんにちは!スタッフの嶋宮です
いよいよ夏も終盤ですね

今回は足や手にできやすい、マメ・タコ・ウオノメの違いをお話ししたいと思います

Q1:皮膚はどうなっているか?
A1:皮膚の外側には角質層(かくしつそう)と呼よばれる硬かたい層があり、
外の刺激から体を守っています。その下に表皮(ひょうひ)、真皮(しんぴ)があります。

Q2:たことは?
A2:刺激が繰り返されて、角質層が厚く硬くなり盛り上あがったものがタコです。
タコは、皮膚を守ろうとする防御反応でできます。

Q3:マメとは?
A3:短期間の刺激で体内の水分が集って、豆のような小さい水膨れになったものをマメと呼びます。

Q4:ウオノメとは?
A4:ウオノメは角質が芯のようになって、真皮に食い込みます。
中心に魚の目のような芯が見え、歩いたり圧迫したりすると、激しい痛みがあります。

Q5:手に豆ができましたが、足にはタコができました。なぜ違う種類のものができたのでしょうか?
A5:マメもタコも、皮膚の1か所に刺激や力が加わることでできます。
非常に軽い刺激が反復して作用した場合には、タコや魚の目ができやすいのですが、
豆は、もう少し急激な刺激があるときに起こりやすいです。



足にタコや豆、魚の目ができた場合は靴があっていない、
または歩きかたが偏っているなどの可能性が考えられます。

アルポでは靴の見直し、巻き爪矯正院ではタコ・ウオノメの施術をいたしますので、
お悩みのかたはぜひご来店ください


仙台巻き爪矯正院 ここをクリック
郡山巻き爪矯正院 ここをクリック
埼玉巻き爪矯正院 ここをクリック