BENESU(ベネシュ)機能性健康靴とは?
当店で扱っている靴ブランド「ベネシュ」は手作りの機能性健康靴です。そのすごい特徴をご紹介いたします。

BENESU取扱店


特徴1:ベネシュ一体型ソール

1.崩れた足アーチを矯正し、足の本来の機能性を高めます。外反母趾や扁平足はもちろん様々な足のトラブルを解決に導いてくれます。

2.足アーチをサポートし、衝撃を吸収するので  疲れにくい。

3. 履いて歩くだけで、指先の神経や反射区
 (足ツボ)を刺激し、身体の機能が活性化される。

4.歩行時に足指を使って蹴り出し、ふくらはぎを使う歩き方でポンピング効果をアシストする構造。血流が良くなります。

5.トウバンク(足指先の凹凸)の位置を中足骨と指骨の間の関節付近を合せ、足指を使って歩ける事で、神経が刺激されポカポカしてきます。
言うならば、足つぼマッサージ器が靴になったようなものですね。

ベネシュの中敷
足のアーチとその崩れの代表的症状

足のアーチとその崩れの代表的症状


足首の変形 O脚 むくみ

足首の変形 O脚 むくみ

足首の変形 O脚 むくみ




特徴2:高級靴の代名詞ボロネーゼ製法と多層ソール

柔らかいライニング(裏革)を袋仕立てにして、
まるで靴下のように足を包み込むような履き心地が特長です。
イタリアのボローニャが発祥なことから、高級靴の代名詞“ボロネーゼ”製法と呼ばれています。 ボロネーゼ製法は手作りでしか再現でいきないため、プロの職人さんが1日かけ2~3足しか作れない大変手の込んだ製法と言えます。だからこそ手作りのインソールと靴生まれる究極フィット感は一度履いたら病みつきです。

また、コルク層を下層部に敷き湿度調整、温度調整し快適なウォーキングを実現します。
ベネシュ靴構造 ボロネーゼ製法 多層ソール

ベネシュ靴構造 ボロネーゼ製法 多層ソール




特徴4:ベネシュの靴は全て職人による手作り

ベネシュの靴はボロネーゼ製法で作られるソール一体型の靴です。 多層ソールと内革を縫い合わせる作業はとても難しく、熟練の技と経験が必要になります。そのため、ベネシュの靴は職人の手によって一足一足を丁寧に手作りしているのです。