ブログ&お知らせ

最新のお知らせ


2018年3月24日 : 河北新報社主催のママビバ2018に出展します アルポ・仙台巻き爪矯正院
こんにちは!スタッフの嶋宮です

今週の「河北ウィークリーせんだい」は皆さん見ましたか?



表紙と裏表紙にママビバの特集が組まれてますが、
アルポそして仙台巻き爪矯正院も、このイベントに出展するんです!




外反母趾偏平足巻き爪など
足のお悩みについて、無料で相談できますよ~




この機会に身体の土台の足のこと、見直してみませんか?

3月31日(土)10時~15時
4月1日(日)10時~15時の間、
仙台国際センター展示棟でお待ちしております♪



↓過去のママビバ出展の様子↓大勢の方に訪れていただきました



2018年3月3日 : 外反母趾と巻き爪の因果関係
皆さん【巻き爪】と【外反母趾(がいはんぼし)】という言葉は聞いたことがありますか?
「聞き覚えがある!」
「言葉は知ってる!」
「何となく、足に関係があることは知っているけど…」

本日は【外反母趾と巻き爪の因果関係】についてお話ししたいと思います!

そもそも巻き爪ってどんな状態?
巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態です。


爪は指先にかかる圧力を受け止める役割があり、足指をしっかりと使うと足の爪に圧力(物理的な力)が加わります。
この圧力が爪を広げてくれるので、足の指が使えていないと
爪が自然に湾曲し、巻き爪になってしまいます。

さらに外反母趾の方は、巻き爪にもなりやすい傾向があります

じゃあ外反母趾って具体的にはどんな状態?

早速、自分の足を見てみましょう!

①足の親指は人差し指の方へ曲がり「くの字」になっていますか?
「なってるかも…」外反母趾の可能性が高いです!
これは「靭帯性外反母趾(じんたいせいがいはんぼし)」といいます。
さらに進行し、親指と人差し指が重なってしまうと歩行が難しくなり、
重度の外反母趾となります。



②親指の付け根の骨がポッコリと出っ張っていませんか?
親指が小指側に傾いた状態=外反母趾とイメージする方が多いと思いますが、
実は親指はまっすぐのまま、付け根の骨が外に飛び出す
「仮骨性外反母趾(かこつせいがいはんぼし)」と呼ばれるものがあります。


何故、外反母趾になるの?」

根本的原因は、立つとき歩くときに足指を使えていないことが原因です。

では今度は実際に立ってみましょう
立ったときに、踵だけで身体を支えていませんか?
歩いたとき、足の指も使えていましたか?

足指は手の指と比べて、物を握ったり掴んだりすることがないので、
使ってあげないと筋肉も低下していきます

足底の筋肉が発達せず、靭帯や筋が緩んだり弱くなって筋肉が低下すると
「開張足」を経て①の靭帯性外反母趾に…

また足指を上げて歩く癖がついてしまったり、ヒールやパンプスまたは大きな靴が脱げないように足指を縮こまらせ、足の指を使うことなく指の付け根で歩いてしまうと、親指の付け根(母趾球部)を強く打ち付けるため、過剰な「衝撃」が繰り返されます
すると「骨を作って身体を守ろう!」という『防御反応』が起こり、
骨が出っ張ってきて②の仮骨性外反母趾に…

つまり外反母趾=足指に力が入っていない=爪が湾曲し巻き爪に!

手の指ほど細かい動きがなくても、
足の指の重要性を知っていただけたでしょうか

「これは外反母趾?」
「巻き爪になってる?」
など自分で判断できない場合は、ぜひ相談にお越しください
相談は無料です!!!
スタッフ一同お待ちしております


健康靴とトータルフットケア アルポ
仙台市青葉区花京院2-1-11 1F (仙台巻き爪矯正院併設)
電話番号022-797-4554
営業時間10:00-19:00≪予約優先≫
〔定休日〕木曜/第2・4・5日曜/祝日


2018年2月21日 : 靴やインソールの見直ししませんか? 足のトラブルのご相談は健康靴のALPOへ!!
こんにちは  スタッフの伊藤です

昼間の暖かさが嬉しい今日この頃ですね

そろそろ冬から春へ・・・そろそろ動き出そうかなという方
靴やインソールの見直しをしてみませんか?

今履いている靴の底の部分が、斜めに減っていたりしていませんか?
もしも、内側や外側だけ減っているという方は、ちょっと注意が必要かもしれません

どうして?
それは、歩き方に癖があるからなんですね

内股やがに股歩きは、膝や腰・股関節や肩などの関節に負担が掛かる為、
痛みを感じる事が多いのです

整形外科や整骨院に通っても時間が経つと痛みがぶり返す
どうしたらいいんだろう?もう痛みとつきあっていくしかないの?と不安に思ってしまいますよね?

医療的な処置が必要な場合もありますが、まずは身体の土台である足裏を見直しませんか?

足には3つのアーチがありますよね?
そのアーチが崩れると・・・外反母趾や扁平足などの足のトラブルに繋がるんです
東京タワーやスカイツリーも実は3本のアーチで支えられているんですよ
アーチがしっかりしていれば、土台がしっかりしているのと同じなんですね


さて、靴を購入する時はサイズや幅の合ったものを選んでいますか?
試し履きをして歩いてみていますか?
何となく良いかと思って履いているけど、自分のサイズは詳しく分からないという事はありませんか?

まずは、自分のサイズを知りましょう
そして、自分のサイズに合った靴を履きましょう
靴と足の甲がピッタリ合うように紐もしっかり結びましょう

そして、見落としがちなのが中敷き(インソール)なんです
足にはアーチがあるのに、中敷きが真っ直ぐで凹凸の無いものでは、身体を支えることが出来ず
足裏のアーチが崩れてしまう原因にもなります

足のアーチに対応しているインソールを入れてみませんか?

私たち、健康靴のALPOでは、お客様の足のサイズや荷重の状態が分かるフットプリント
健康機能靴の《BENESU》の靴や靴下を取り扱っている他、足裏アーチに対応したインソールも
数多くご用意しております

自分の足の見直しはもちろん、ご両親やお子様の足の見直しも一緒にしてみませんか?

気持ちのいい天候に心を躍らせ、足元も快適に健康生活しませんか?

一緒に足の健康を
まずはお電話をお待ちしております☆彡

2018年2月18日 : 効果的な歩き方トレーニングや足トラブル予防のための靴の知識講座 若林市民センター主催
2018年2月16日仙台巻き爪矯正院(健康靴アルポ)が
若林市民センター主催の

「歩き方を見直してくらしアップ!」
~ムダづかいしない!貯「筋」でロコモ予防~

のセミナーのご依頼いただき講師をつとめてまいりました。

【靴の履き方】
普段おろそかにしがちな靴紐の結び方

【靴の選び方】
意外に知らない自分の足のサイズとインソールの大切さ

【歩き方】
運動器の障害を予防するための筋力アップの歩き方

この3つを改善して膝などの関節には負担をかけないように下半身に筋力をつけて、
要介護や要支援の一番の原因となるロコモティブシンドローム「運動器の障害」を予防していこうという内容でお話しさせていただきました。

健康のために定期的にウォーキングやランニングをされている方は方も多いとおもいます。
でも距離や歩数は気にしても、姿勢・靴選び・靴の履き方の正しい知識をもって運動している方はいるでしょうか?

昨日は巻き爪や陥入爪の足トラブルから扁平足や外反母趾などの足トラブルやその原因などのお話から始まり、
若林市民センターにて講話、歩行チェックを行ってきました。
参加していただいた方には実際に

・ストレッチ体操
・下半身筋トレ
・歩き方のチェック

を行いましたが、みなさん楽しくいい汗を流せていたようです!


見直しが必要な方は多いのではないでしょうか?

「靴は脱ぎ履きの度に靴紐を結んだり緩めたりしたければならないの!?」
「外反母趾の予防の仕方は?」
など足や靴に関していろいろな質問をいただきました。
足のトラブルは多いものだなぁと改めて痛感するとともに、巻き爪専門院と健康靴のアルポ事業で今まで以上にみなさんの足トラブルを解決していくことで地域貢献して行きたいものだと強く思いました。
おかげさまで私たち仙台巻き爪矯正院のスタッフとしても新鮮で素敵な機会となりました。

※仙台巻き爪矯正院では公民館や市民センター様からのセミナーや講師依頼は随時受け付けております。

・足のトラブルの講義
 外反母趾や偏平足、ハイアーチ

・爪のケア 
 巻き爪や陥入爪、爪の切り方など

・ウォーキング指導や靴の選び方、靴の履き方

足に関することであればお任せください。

→022-797-4555 仙台巻き爪矯正院 担当 院長寺建(テラダテ)まで

2018年2月2日 : 2/18は無料相談会! 足のトラブルでお悩みの方は健康靴のALPOへご相談ください!
こんにちは  スタッフの伊藤です

インフルエンザが流行中ですね
皆様、体調はいかがですか?


さて、履物もブーツなどの冬用から、春用や卒業式・入学式用の靴をとお考えの方も
多いと思いますが、いざ試しに履いてみたら・・・ん?キツイ??と感じた方や、サイズは変わってないのに
ちょっと違う感覚・・・という方はいらっしゃいませんか

それはもしかすると、足の変形や歪みが進行してしまっているのが原因かもしれませんよ
足のアーチの崩れや、外反母趾などの足の変形は、放っておくと進行してしまうんです

自分の足ってどうなのかな?と思った方や、前々から足が痛いのという方も
無料相談に来てみませんか?

足のサイズや荷重、変形などが分かるフットプリントもありますよ

足の変形やアーチの歪みに対応した健康機能靴《BENESU》の取り扱いをしています


ひとりで悩まず、ご相談くださいね
まずはお電話をお待ちしております☆彡